ANTEPRIMA JAPAN LTD

事業紹介

ANTEPRIMA

クリエイティブ・ディレクター荻野いづみがイタリアから発信するブランド。“Simple & Sophisticated…yet Sexy”を基本テーマとして洗練されたシンプルなデザインの中に、さりげない女らしさが感じられるコレクションを発表しています。アクティブでインテリジェンスな女性らしさとは? それぞれのライフシーンのなかで、着る人を素敵に演出するスタイルを提案しています。

ANTEPRIMA/WIREBAG

1998年のデビュー以来、“Fun & Joy”をテーマにしたカラフルで上品な煌めきが女性を魅了しているワイヤーバッグ。“ANTEPRIMA/WIREBAG”は、そんなアンテプリマのシグネチャーであるワイヤーバッグを中心に、バッグに遊び心と彩りを添えるチャームなどのアクセサリーも豊富に取り揃えたショップです。

ANTEPRIMA/MISTO

2009年春にデビューしたANTEPRIMA/MISTO。"MISTO" とはイタリア語でMIX(ミックス)の意。いつまでも人生を楽しむことを追求したいと願うアクティブな女性に向けて、ANTEPRIMAのエッセンスである "FUN&JOY" がめいっぱい詰め込まれた、小さくて可愛いアイテムがミックス・ラインアップされています。デイリーライフをちょっと楽しく、ハッピーなときめきで満たす新しいアンテプリマの世界です。

ANTEPRIMA bis

アンテプリマのアウトレット事業を展開しています。

ANTEPRIMA CASA CUCINA

「ANTEPRIMA CASA CUCINA(アンテプリマ カーサ・クチーナ)」はイタリア語で「アンテプリマのお家のキッチン」を意味します。ミラノコレクションに公式参加する唯一の日本人女性として、ミラノにも拠点を持ち、イタリアのファッションビジネスと文化に関わり続けてきた、アンテプリマ クリエイティブ・ディレクター荻野いづみの豊かなバックグラウンドから生まれたイタリアンレストランです。

アンテプリマ カーサ・クチーナ

荻野いづみ

アンテプリマ
クリエイティブ・ディレクター

東京で生まれ育ち、1980年代に香港へ移住。イタリアンブランドのアジア展開を手掛け、リテイラーとして活躍する。「タイムレスなラグジュアリーさと現代のスタイルを持ち合わせたモダンな女性」―ユニークな洞察力を持ち合わせた荻野いづみは、地球の反対側のミラノで、1993年自身のブランド“ANTEPRIMA”を立ち上げる。
5年後の1998年、荻野いづみはミラノコレクションに参加する初めての日本人女性として、アンテプリマのミラノ・モーダ・ドンナ デビューを果たす。同年、今やブランドの象徴となったワイヤーバッグが発表され、1998年はアンテプリマにも荻野いづみにとっても節目の年となる。
荻野いづみは、アンテプリマのクリエイティブ・ディレクターとして世界を飛び回りながら、ファイン・アート、文学、音楽、ダンスや演劇などの様々なアートに対しての情熱や、宝飾デザイン、生け花、メイクアップなどの幅広い知識などからインスピレーションを得ながら、クリエイションに生かしている。ファッションの才能のある次世代の若者を、スポンサーとしてサポートする活動にも意欲的に取り組んでいる。

荻野いづみのブログはこちら