ANTEPRIMA JAPAN LTD

働く価値が
高いブランド。

接客も、ブランドの商品です。

女性のキレイをサポートする仕事をするのが夢でした。なので就職活動は、アパレル業界だけでなく、美容業界も考えたりしました。今でこそアンテプリマは多くの方にも知られるようになりましたが、その当時はまだまだ認知度が低く、当時の私自身、アンテプリマのことはほとんど知りませんでした。採用説明会でブランドのことを知りその商品や考え方に魅力を感じましたが、それ以上に「会社の財産である“人”の育成に力を入れていきたい」という社長の想いに強く共感しました。その後すぐにお店に行ってみたら、スタッフの方がブランドについて心からの笑顔で説明くださり、丁寧に接客してくれたことが非常に印象的だったんです。スタッフの方がこのブランド、そしてこの会社のことを大切にしているんだなと肌身で感じ、そんな環境で自分のやりたいことを実現していきたいと思い、入社を決意しました。

入社後、最初の2年は人材開発課で採用と教育のアシスタント、その後ショップサポートを経て、店舗に異動。中でもANTEPRIMA/WIREBAG 六本木ヒルズ店は、全国からお客様がいらっしゃるので大変なこともありましたが、自分の接客がブランドの価値を左右するという実感の持てる場所でした。

人材が、アンテプリマジャパンの財産。

いまは、新卒採用の業務をメインに人材開発課で働いています。働く場所はオフィスになりましたが、お店で店長をしていた時と同じ目標を大切に育みながら仕事に取り組んでいます。それは、アンテプリマジャパンで働く一人ひとりの夢をどう実現していくか、ということ。アンテプリマジャパンに入社を志望する方は、ファッションが好きな人もいれば、会社のビジョンや一緒に働く人に魅力を感じている人もいる。その希望や夢をしっかり覚えておくこと、そして働く中で起こる変化を感じフォローすること。それがいま仕事をするうえで私が強く意識していることです。私たちは入社前から入社後、そしてともに成長しながら、ここで働く人が目指している夢を支援していきます。

アンテプリマジャパンは、人を大事にする会社です。型にはまらず、何かやってみたいことがあったらどんどんチャレンジできる会社です。アンテプリマというブランドと同じように伝統に固執しすぎず、挑戦し変化を起こすことが好きな人が多いのも大きな魅力。これからさらに会社の価値を上げていくためには人と違ったことでもやってみようと思う感性がもっと必要だと感じています。「こんなことやってみたい!」とどんどん言える、バイタリティーあふれる方に来てもらいたいですね。

COLUMN

私とアンテプリマ

同期との濃い時間が詰まったバッグ。

ANTEPRIMA/MISTO
SACCHETTO
ANTEPRIMA/MISTO 横浜ルミネ店の店長をしていた時に、ショップのオープン5周年を記念してつくった店舗限定のレザーバック。アンテプリマ/ミストのMDである内藤とともに企画しました。同期の内藤は、楽しいことも、辛いことも共有してきた同志。このプロジェクトでは同期というより「店長」「MD」という立場から意見を交わし、互いに成長を実感。ともにつくりあげたこのバッグ、そしてこのプロジェクトには非常に思い入れがあります。